2017J1第12節予想(toto第931回対象)

ここでは、「2017J1第12節予想(toto第931回対象)」 に関する記事を紹介しています。
□鹿島-川崎F (本命)1-1、(対抗)2-1鹿島、2-1川崎F、1-0鹿島
対戦成績はやや鹿島(ホーム19戦12勝2分・14戦で複数得点)。
鹿島は今季18戦中12戦で1失点以内・7完封。
川崎Fは今季17戦7勝8分・14戦で1失点以内・7完封。

□浦和-清水 (本命)2↑-1浦和、(対抗)1-1、2↑-0浦和、2-1清水
対戦成績はやや浦和(ホーム22戦12勝4分)。
浦和は今季18戦中12戦で複数得点・9戦で3得点以上・13戦で1失点以内。ホーム8戦7勝・6戦で3得点以上。
清水は公式戦ここ8戦未勝利。今季リーグ戦アウェイ6戦3完封。

□横浜FM-仙台 (本命)1-0横浜FM、(対抗)2-1横浜FM、1-0仙台、1-1
対戦成績は全体では互角も仙台はアウェイで強い(11戦6勝3分・9戦で1失点以内・6完封)。
横浜FMはリーグ戦ホーム6戦4勝1分・3戦で複数得点・5戦で1失点以内。
仙台は今季16戦中11戦で1得点以下・5戦で無得点・8戦で複数失点・5完封。

□甲府-広島
 (本命)0-0、(対抗)1-0甲府、1-1、1-0広島
対戦成績は互角。ロースコア傾向。
甲府は今季15戦中14戦で1得点以下・7戦で無得点・13戦で1失点以内・6完封。
広島は今季16戦中14戦で1得点以下・7戦で無得点・11戦で1失点以内。

□新潟-札幌 (本命)2-1札幌、(対抗)1-1、1-0札幌、2-1新潟
対戦成績は全体では互角、近年は新潟がよい(2008年以降5連勝中)。最後の対戦は2012年。
新潟は今季15戦1勝3分11敗・12戦で1得点以下・7戦で無得点・9戦で複数失点・1完封のみ。ホーム6戦6敗。
札幌は今季15戦中10戦で1失点以内。リーグ戦アウェイ5戦4敗未勝利・4戦で複数失点。

□磐田-柏 (本命)2-1柏、(対抗)1-0柏、1-1、2-1磐田
対戦成績は全体では磐田、磐田ホーム時は互角。
磐田は今季16戦中10戦で1失点以内。ホーム7戦完封なし。
柏はアウェイ8戦5勝2分・7戦で1失点以内・3完封。

□大宮-C大阪 (本命)1-1、(対抗)2-1C大阪、1-0C大阪、2-1大宮
対戦成績はほぼ互角、大宮はホームでややよい。
大宮は今季15戦2勝3分10敗・13戦で1得点以下・8戦で無得点・7戦で複数失点。2勝はいずれもホーム。
C大阪は今季16戦8勝6分・10戦で1得点以下・12戦で1失点以内・9完封。

□G大阪-鳥栖 (本命)2↑-1G大阪、(対抗)1-1、1-0G大阪、2↑-0G大阪
対戦成績は全体では互角、G大阪はホームでよい(5戦3勝1分・4戦で複数得点)。
G大阪はリーグ戦11戦6勝4分・6戦で複数得点・9戦で1失点以内。
鳥栖は今季アウェイ8戦5敗未勝利・7戦で1得点以下。

□神戸-F東京 (本命)1-0神戸、(対抗)1-1、1-0F東京、2-0神戸
対戦成績はF東京(38戦20勝10分・30戦で1失点以内・13完封)。
神戸は今季15戦中13戦で1失点以内・6完封。
F東京は今季アウェイ6戦中4戦で1得点以下。

今節は19日(金)に鹿島-川崎Fがあり、ファンサカは金曜日締切。
狙い目はリーグ戦好調なG大阪、圧倒的攻撃力の浦和(攻撃)、ロースコアで手堅く勝点を稼ぐ甲府あたりか。
5連勝中の柏はそろそろ連勝が止まりそうと考えて少し評価を下げた。横浜FMは先制を許すとあっさり負けそうで…



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bitto.blog70.fc2.com/tb.php/7780-a88c9029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック