2017J2第32節水戸ホーリーホックvsFC岐阜

ここでは、「2017J2第32節水戸ホーリーホックvsFC岐阜」 に関する記事を紹介しています。
ショートハイライト

ショートハイライト


ロングハイライト


2分 前田 大然(水戸)のゴール


70分 オウンゴール(岐阜)


90分 青木 翼(岐阜)のゴール


Pick upプレー動画:小野 悠斗(岐阜)、笠原 昂史(水戸)


試合後インタビュー動画:前田 大然(水戸)


試合後インタビュー動画:風間 宏矢(岐阜)


水戸は1-2で敗戦。点差以上の完敗。

2分、水戸がいきなり先制する。
笠原のゴールキックを和弘が頭で逸らし、左サイドの林も頭で岐阜DFの裏へ出す。
そこに大然が反応。岐阜・福村がクリアミスしたところをスピードでかっさらい、PA手前で右足を振り抜いてゴールネットを揺らした。
大然は2戦連続得点で今季11得点。再び調子を上げてきた。

その後は岐阜がポゼッション。しかし、水戸が粘り強く守っていたので、決め手を欠く。
最後は枠外ミドルばかりで決定機は多くなく、さほど怖くなかった。
水戸はプレスからカウンターとしっかりフィニッシュの形を作れていた。しかし追加点は取れずに前半終了。

後半は岐阜が敵陣深くでボールがとてもよく回っていたが、シュートにはなかなか持ち込めず。
水戸は最後のところではやらせなかったが、このあたりからボールを奪えなくなり、ラインも上げられなくなってしまった。

そして70分、左サイドの古橋が速いクロスボールを入れるとゴール前で福井が触ってオウンゴールで岐阜が同点。
このあたりの時間は完全に岐阜のペース。
水戸はセカンドボールをことごとく拾われ、プレスを悠々とかいくぐられ、ボールを回され、何もできずいいとこなし。

85分ごろから水戸も流れを取り戻しかけたがAT突入直前の90分。
岐阜は風間が左サイドでCK。クリアされるが、こぼれ球を風間が拾い、柔らかいクロスを入れる。
これにゴール前の青木が触り、ボールはポストに当たってゴールラインを割った。岐阜が逆転。

その後、水戸の反撃も届かず試合終了。逆転負けで開幕戦以来のホームでの敗戦を喫してしまった。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bitto.blog70.fc2.com/tb.php/8012-d3d86546
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック